CFA株式会社は、アジア太平洋市場に進出し、日本取引所グループ、ゴールドマン・サックスなどの国際投資会社と戦略的協力協定を締結し、グローバルな投資のチャンスを共同で追求しています。

ソース: 匿名   数字をクリック: 1406   10/05/2020

cfalogo

 

CFA株式会社は、アメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタン区に本社を置く、金融サービス持株会社の完全子会社で、1921年に創業しました。革新的な投資理念やツールを活用し、投資家の最新のニーズに応える金融サービスを提供しています。顧客を最優先に考え、顧客満足を追求するサービス理念に基づき、公正かつ公平な取引プラットフォームを提供することに取り組んでいます。2012年12月31日時点で、CFA株式会社 Inc.は112の支店を有し、資産は60億ドルを超えています。

CFA株式会社 Inc.が経営する子会社は、ペンシルベニア州、ニュージャージー州、デラウェア州、メリーランド州、バージニア州、イリノイ州などに多くあります。参加している銀行には、Swineford National Bank、The Columbia Bank、Lafayette Ambassador Bankがあります。また、Finacor Wertpapierhandel社に出資し、米国先物取引協会(NFA)に登録番号0555675で登録され、米国財務省の管轄下でMSB金融ライセンスを取得しており。

アジアの投資市場がますます大きくなりつつありますが、まだ完全ではないため、CFA社は多額の資金を投じ、株式、貴金属、先物、指数、外国為替、仮想通貨の6つの製品を取り扱う日米双方向取引プラットフォームを構築しています。また、最近、日本取引所グループ、ゴールドマン・サックスなどの国際的な投資会社と戦略的協力協定に署名しました。

 

IMG_20230508_154108_110

世界的な投資会社であるCFAは、過去数十年にわたり豊富な経験と専門知識を蓄積してきました。金融投資において卓越した実績と実力を持っています。この戦略的な提携は、それぞれの優位性を十分に活用し、リソースを共有、包括的で多層的かつ深い協力を展開しています。世界規模の投資機会を共同で探求し、相互利益を共有することを目的としています。


協定によれば、以下の分野で協力を展開することになります:

1. 交流と協力:協力機関は密接な業務コミュニケーションと情報共有を維持し、定期的に戦略会議や進捗会議を開催し、市場への洞察力、投資戦略、業務経験を共有し、双方の戦略的協力を促進します。

2. 共同投資:グローバルな投資チャンス、株式投資、債券投資、M&Aや戦略的投資などを含め、共同で優良なプロジェクトに参加し、投資収益を共有することを検討・評価します。

3. 共同研究:投資分野の最新トレンド、市場動向、投資チャンスを共同研究し、プロジェクトの潜在的なリスクとリターンを深く分析し、投資戦略と意思決定を共同で策定し、投資意思決定の科学性と効率性を高めます。

4. ビジネス協力:ビジネス展開、製品イノベーション、資金管理、投資後管理などの分野で深く協力し、ビジネスの発展と業績向上を共同で推進します。

両者は、この戦略的な協力に対して大いに信頼を寄せています。ゴールドマン・サックス社は、CFAがグローバル投資分野でリーディングカンパニーであることから、グローバル投資資源と市場洞察力をアジア太平洋市場全体にもたらし、業務分野を拡大し、投資収益を向上させると述べています。また、豊富な経験と優れたチームを持つ投資会社として、協力機関に多くの投資の機会と協力の機会を提供し、業務協力と相互利益を実現します。

詳細